富山県富山市の医療法人社団尽誠会 野村病院

文字サイズ

看護部のご紹介

 

看護部概要

看護課

当院は、平成17年に新築移転したきれいで広々とした慢性期病院です。
病室は、クッション材木を利用し全室個室となっています。
水橋駅前という交通至便な場所に立地し、大駐車場も完備していることから自家用車での通勤にも便利です。
現在、看護部は総勢約140名で日々の業務を行っています。
患者様へより良いサービスを行うため、各職員が協力し日々質の高い看護の実践を心がけています。
当院は年間休日が123日と多く、有給取得率も高いことから、仕事とのオン・オフをはっきり使い分けることができます。
また、病院全体で「残業ゼロで働きやすい職場づくり」を推進しているため、残業はほぼありませんのでメリハリをつけて無理なく働ける職場です。
加えて、「あらゆるハラスメントは許さない職場づくり」も推進しております。
当院はハラスメントに対して毅然とした態度で臨みますので、安心して働ける職場です。

看護部理念

地域の皆様のしあわせを願い真心をこめたケアを提供します

看護部方針

1.入院患者様に安心と活気ある生活を送って頂くよう支援します

2.職員はサービスのエキスパートとして自信と誇りを持つよう、日々、知識と技術の向上に努めます

3.患者様の希望が少しでも叶えられるよう、御家族、地域の方々、職員が連携して、その患者様に適したサービスが提供できるように努めます

4.接遇を図り、患者様からの思いが聞けるよう笑顔での支援に努めます

ご挨拶

看護師長

少子・高齢社会を迎え、療養の場は「医療機関完結型医療」から「地域完結型医療・介護」へ移行しています。
当院は、他院からの紹介入院を中心に医療の継続ができるように、看護と介護の面からアシストしています。そして、地域において、在宅医療と看護-介護をシームレスに連携させる仕組みを可視化する努力もしています。
私たち看護部は、野村病院の理念に基づき、「地域医療に貢献」を中心として心をこめたケアを提供することを使命とし、医師や看護職・介護職、そしてさまざまな医療従事者と協力し、患者(利用者)さんのしあわせを考えた療養をサポートできるよう日々取り組んでいます。そして、患者(利用者)さんにとって、近くて頼りになる存在となれるよう、一人ひとりが日々研鑽を重ねていきたいと考えています。
なお、看護部では看護学生、中途採用希望の看護師、看護補助者、介護職員の見学を随時受け付けております。見学希望の方は、ご遠慮なく看護部までお申し込みください。

看護部長代行 森 初美

看護部教育体制

看護部では、病院と看護部の理念に則した人材の育成を目指します。

教育理念

・当院の目指す医療を実践していくために必要な「ニーズをとらえる力」 「ケアする力」 「協働する力」 「意思決定を支える力」、4つの能力を備えた人材を育成していくと共に、個人が主体的にキャリア開発できる教育と支援を行う。
・社会人基礎力の「前に踏み出す力」 「考え抜く力」 「チームで働く力」の3つの力を基盤とした人間味あふれる人材を育成する。

教育目標

・病院理念と教育理念に則した能力向上のため、自らが主体的にキャリア形成することができる。

教育の実際

・毎月勤務時間内に約30分で研修を実施
・同研修を2~3回実施、あるいはビデオ研修
・レクチャーやワークショップ・体験型の研修を実施
・体験型では、シミュレーション教育による研修を実施(窒息時のケア、認知症状患者のケアなど)
・夜勤勤務前研修(シャドウとペアリングの2回実施)
・ポートフォリオ(「サクセス」)で目標管理の実施 など

ケアの実際

・末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)患者の管理
・摂食嚥下サポートチームによる嚥下評価と嚥下リハビリの実施
・人工呼吸器装着患者の管理
・アロマオイルによるハンドマッサージの実施
・ノーリフティングケア宣言 など

働きやすい職場環境づくり

職場でハラスメントが発⽣すると、職員の働く意欲が低下し能力が十分に発揮できないだけでなく、⼼⾝の不調をきたしたり職場環境が悪化するなど⼤きな問題になります。
当院では院内の相談窓口はもちろん、院外のハラスメント通報窓口と相談窓口も設置しています。
皆さんがが働きやすい職場をつくるため、あらゆるハラスメントは許しません。

入職者の声

看護師長

H28年度 入職者の声(女性看護師)

以前は急性期病院に勤務していました。慢性期病院は初めてでしたが、先輩看護師にいろいろと教えてもらいながら、知識と技術の向上を目標に日々頑張っています。
子育て中なので、育児をしていても働きやすい、定時に帰れるという2点が病院を選ぶポイントでした。
入職してみると、ほぼ定時に帰れますし、育児にも理解がある病院だったので、働きやすい環境で安心しました。
家庭と仕事の両立は大変ですが、同じ境遇のスタッフも多く、子育ての話などお互いに情報交換しながら楽しく働いています。

H30年度 入職者の声(男性看護師)

人を助ける仕事がしたいと考え、看護師になりました。自己研鑽のため、急性期病院で忙しい日々を過ごし、それなりに充実していました。ただ、毎日忙しく、患者さんとのコミュニケーションが思うように取れず悩んでいました。
患者さんともっとコミュニケーションをとって、患者さんに寄り添った看護を実践していくためには、慢性期病院のほうが向いているのではないかと思い当院に入職しました。
当院は、若手からベテランまで幅広い年代の方々が働いています。
このため、わからない事や困ったことがあっても、誰かが対応してくれます。他職種で対応が必要な場合でも、先生方へ話をしにいけば相談に乗ってくれます。
職員間の距離が近いことは当院の魅力のひとつだと思います。

H25年度 入職者の声(介護職員 女性)

私は、介護と全く違う職種から入職しました。当時は、働きながらもやりがいを今ひとつ見出せませんでした。
せっかく働くなら社会に貢献できる仕事をしようと思い、介護業界に入りました。
最初は介護の仕事についてほとんど知らないままの入職でしたが、周囲の方々に支えられ少しずつ関わる業務が増えていき、現在では充実した日々を過ごしています。
介護は人と関わる仕事なので、ありがとうと感謝の言葉をもらうととてもうれしく、今では仕事へのやりがいを感じています。

H30年度 入職者の声(介護職員 男性)

将来は人の役に立つ仕事をしたいと考え、介護職につきました。
以前は他の医療機関で働いていましたが、見学へ行った際の雰囲気や院内の明るい感じが決め手となり、当院へ入職しました。
50年以上の歴史がある病院ですが、良い慣習は継承し、悪しき慣習は改善するという風土ができつつあるように思えます。
患者様、患者様家族にきて良かったと思っていただける病院づくりに、私も微力ながら取り組んでいきたいと思っています。

病棟のご紹介

2階東病棟
2階東病棟
2階西病棟
2階西病棟
3階東病棟
3階東病棟
3階西病棟
3階西病棟