富山県富山市の医療法人社団尽誠会 野村病院

文字サイズ

入院のご案内

 

地域医療連携課概要

地域医療連携課

当院では、地域の医療機関との有機的な連携を行うことを目的として、地域医療連携課を設置しています。
その管轄下にある入退院支援センターにおいては、患者さんのご紹介、逆紹介及び医療福祉相談などを、社会福祉士3名、看護師1名がそれぞれ対応しております。

入院のご案内

  1. 当院への入院・転院をご希望される場合、まずは当院地域医療連携課(直通電話 076-478-3011)までご連絡ください。
    入院までの流れをご説明致します。
  2. 現在の入院先、かかりつけ医療機関で診療情報提供書を作成して頂き、当院へファックスして頂きます。
    厚生労働省が定める医療区分に基づき、当院入院・転院の可否を判定させて頂き、結果をご連絡致します。
  3. 電話でご予約のうえ、病状に詳しいご家族様にご来院していただきます。その際、入院時に提出いただく書類等をお渡し致します。

当院の特徴について

差額ベッド代なしで全室個室の療養環境

当院の病室は全室個室であり、洗面台も全室に完備しております。個室料金(差額ベット代)はありません。
全室個室のため、基本的に患者様同士の濃厚接触もありません。
当院では、地域の患者様が多床室にありがちな余計なストレスを感じることなく、自宅同様プライバシーが守られた快適な空間で療養することが可能です。
また、北陸の冬は雨や雪が多く、風も強い日が多いことから寒い日が多くなりがちです。寒い冬場は足元からの冷えがつらいものですが、当院では全室に床暖房を完備しております。床暖房は足元から暖めてくれるので、患者様は快適に療養することができます。


医療必要度の高い患者様の受け入れ

急性期基幹病院からポストアキュート、すなわち人工呼吸器、気管切開、中心静脈栄養、悪性腫瘍、慢性心不全や呼吸不全に対する酸素療法、褥瘡、インスリンコントロール、輸血が必要な疾患等、医療必要度の高い患者様を受け入れております。
また、外来や居宅系施設からのサブアキュート、すなわち軽度の肺炎や尿路感染症による短期入院も受け入れております。


末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)による中心静脈栄養

近年、我が国では中心静脈カテーテル挿入における穿刺時の致命的な合併症が大きな問題点となっており、平成29年3月には日本医療安全調査機構より医療事故の再発防止に向けた提言第1号として「中心静脈穿刺合併症に係る死亡の分析」が報告されました。この中で、中心静脈カテーテル挿入の適応については、末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)による代替を含め慎重に決定するよう提言がありました。
当院では中心静脈栄養が必要な患者様が多く、より安全に処置を行うためにGEヘルスケア社の穿刺用超音波Venueを用いて末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)を挿入し、中心静脈栄養を行っております。
なお、当院では末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)の挿入にあたり、原則として全例でオラネキシジングルコン酸塩(オラネジン®)による皮膚消毒を行い、マキシマルバリアプリコーション(高度無菌遮断予防策)の下で処置を施行しております。
オラネキシジングルコン酸塩(オラネジン®)は、従来用いられてきたヨウ素系消毒薬と比べて、手術部位感染を有意に低減することが明らかになっている消毒薬です。
当院では医療安全だけではなく感染予防にも注力し、より安全で安心して頂ける医療を提供するよう取り組んでおります。