富山県富山市の医療法人社団尽誠会 野村病院

文字サイズ

リハビリテーション部のご紹介

 

リハビリテーション部概要

リハビリテーション課

現在、理学療法士8名と作業療法士2名の総勢10名で日々の業務を行っています。
患者さんの安心と安全を第一に考えて対応し、患者さん中心のリハビリテーション医療サービスを提供しています。
理学療法士は、リハビリテーション室に各種パワーリハビリテーション機器を備えていることから、主として身体機能維持のための機能訓練を行っております。また、リハビリテーション室内には和室も設置されており、床上動作訓練も行っています。
作業療法士は、院内併設の介護医療院もあることから応用動作と社会適応のための能力回復を目指し、主としてレクリエーションやスポーツなどを通して、心と身体の両面からの回復をサポートすることを行っております。
言語聴覚士は、摂食嚥下サポートチーム(SST:Swallowing Support Team)とともに摂食嚥下障害を中心として、高次脳機能障害、聴覚障害、音声障害、構音障害などの障害に対する評価・訓練・指導・サポートを行っております

ご挨拶

当院は、医療必要度の高い患者様の治療に特化した慢性期病院です。主に脳梗塞や脳出血といった、脳血管疾患から発症する障害のリハビリテーションに対応しています。
リハビリテーション部は、リハビリテーションの理念のもとに、患者さんのQOL(生活の質)を高めていけるよう支援しています。
なお、リハビリテーション部では学生や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の見学を随時受け付けております。見学希望の方は、ご遠慮なくリハビリテーション部までお申し込みください。

リハビリテーション部 主任 政井唯文